うにょのブログ

ただのホモ

一緒にゲームしたくなった

 

スーパーベターになろう!

スーパーベターになろう!

 

 

 コレ読んでるんですけど、著者のジェイン・マクゴニガルは、ゲームの心理学的な研究者でもあり、ゲームデザイナーでもある。この本は、研究をもとにゲームの良さをごり押ししてきます。また、そこから、ゲームをするような精神状態=ゲームフル(gameful)な生き方をしようっていう主張をしてます。

 ゲームを一緒にすることは、親密度を高めるうえでメチャメチャ良いみたい。

映画鑑賞、会話、音楽鑑賞など、誰かと一緒にできる活動であればどんなものでも、心と体のリンクを生み出す同様のポテンシャルを持っている。しかし、多くの場合、ゲームから生じるリンクの強度ははるかに高い。(p.88)

ゲームのプレイ中はきわめて急速に、確実に、深いシンクロが起きるので、多くのゲーマーは、ゲームが強固な絆をつくるのにきわめて有益だと気づいている。とりわけ内向的な人は、ゲームで得られる簡単で強固なつながりから多くの恩恵を受ける。(p.89)

 

 僕は、いままでゲーム中毒だったのが、4年前にゲームをすべて絶って、今はゲームをまったくしなくなりました。なんか、ほかにやるべきこといっぱいあるなぁって感じで。今でも少し怖いんですよね、熱中したあとの時間の浪費感を味わうのが(笑)でも、コミュニケーションの手段としてゲームを適度に積極的にやるのは、かなり良いのかもしれないなあと思いました。今までオンラインで知らない人とばっかりやってたからなぁ。

 いずれマリオパーティとかしてみたいかもしれないなあ。