うにょのブログ

基本的に読書

箱の外に出る

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (418件) を見る
 

 

 ちょっと読み返してみました。ちょうど1年前にも読んでいましたが、新しい気づきがたくさんあって、本書の内容の大切さを痛感した次第です。

 本書はかなり有名な本のようで、web上でたくさんの方が言及されています。

 知らずのうちに、僕は箱の中に入ってしまっていたみたいです。本書を最初に読んでから、読み返すまでの間にも、ずいぶんと箱の中で過ごしていましたw そして、それに気づいていなかったのですから、どうにもなりませんね。それを思うと、「いやあ~、、いやあ~、、」という声が出てきます。

相手を、自分と同様きちんと尊重されるべきニーズや希望や心配事を持った一人の人間として見はじめたその瞬間に、箱の外に出るんだ

自分のことを考え続けている限り、箱の外には出られない。箱の中に入っているときは、たとえ自分の行動を変えようとしたところで、結局、考えているのは自分のことでしかない。だから、行動を変えても無駄なんだ

 

 悩み始めたら、この「箱」という概念をもとにセルフモニタリングしようと思った。個人的に、特に何かで悩んでいる人は、この本で人生に対する見方がかなり変わると感じる。何より僕がそうだったから(笑) しかし、それを実践できるかどうかについてはまた根気がいるんだよね。