うにょのブログ

食う寝る動く

雑記

トップダウンとボトムアップ

人生は、いつも痛い目を見た後に学びがある。その学びは、深く内在化される。なにか痛い目をみるような経験をする他に、それを避けられるような学びを得る方法はないのだろうか。まったくもって、これまでの文章は僕の勝手な意見であり、これからの文章も僕…

痛い目をみて学んだこと

以前、人生で痛い目を見て、そこから学びを得たと言った。その学びとは、「手段と目的を混同しない」ということだ。もう、これに尽きる。自分が手段に固執して辛くなり、「これじゃあ本末転倒だ」と気づいたとき、ふっと心が軽くなる。たとえば、最近コレば…

読書と勉強

読書には、二種類ある。広げる読書と深める読書である。前者を娯楽的読書、後者を勉強的読書とする。すなわち、前者は一般的にいわれる読書であり、後者は一般的にいわれる勉強である。さらに換言すると、前者は自分の知的好奇心に従って守備範囲を広める行…

小説

人生で痛い目をみました。でもそこから学びました。痛い目をみて学んだことは自分の考えとして内在化され確かなものになりやすいです。これが体験的な学びの意義です。一方で体験を咀嚼しすぎた文字の羅列は「なるほどそうなのか」と思うだけで内在化されに…

変化

なんか、4月あたりから自分が変化してきてるなあ。もっと前から兆しはあった。 年始あたりは、結構沈んでたなあ。今思えばだけど。当時はそこまで沈んでないと思っていたけど、振り返るとね。でも、今も、まだまだよい方向に向かっている途上だと思う。 変化…

つぶやき3

①チェコ好きさんのブログで見て、ちょっとニュアンスは違うんだけど、また、恣意的に解釈するんですけど、「世界は自分のものではない」という考えはとてもよいなあと思った。それは、当たり前の話なんですけど、なんか楽になるなあ、って。世界を自分のもの…

最近のつぶやき2

①コミュ力が高い知り合いを見て、コミュ力を高めたいなあと切実に思った。しかしそもそもコミュ力ってなんだ。そこで、3つの要素をその人を見て直感的に思いついた。1)自己表現する力(自分を愛する力)、2)他者を愛する力、3)ユーモアのセンス。よく…

最近のつぶやき1

①おっさんずラブが終わった。主題歌を聴くと喪失感がすごい。胸が苦しくなるような、こんな感覚久しぶりだあ。恋をしたいなあと思った・・・。 ②BLに救われ、LGBTに馴染めない、とある同性愛者の小説家の語り - Togetter 『彼女が好きなものはホモであって僕で…

snsゃめょ・・・

snsやってると、脳が興奮して読書や勉強が集中できない感じが実感としてある・・・。集中できなすぎてクソリプ送っちゃうし・・・。一定の時間以外はゃめょ・・・。 自分用に・・・。 スマホで生産性とメンタルが悪化する理由「現代では人間の注意力こそがもっとも重要な…

良いとか悪いとかの前に

アイデンティティの確立の記事を契機として、記事中で述べられている新たな考えに妙に取りつかれている。頭の中にしかない観念よりも、今ここにある確実なものを大切にしたいという気持ちになる。たとえば、同性愛を認めるとか認めないとか議論はあるけれど…

独り言

家だと勉強に集中できないなあ。やはり図書館に行く必要があるかあ。勉強するときになったら図書館に行くことを習慣にしたいな(if-then)。

搾取性

種々の意味で、搾取性には注意を払う必要がある。エロにしても調査にしても、なんでも。

ゲイとホモ

吾輩はホモである、ゲイではない - うちの旦那はオネエさま この記事、感覚的にはスゴイ共感できる。なぜなのかっていうのが説明できないけど。僕の記事でいえば、以下のことが関連していると考えられる。 ゲイのことをホモって言っているゲイがなんか好き -…

ゲイとしての自分のスタンスが揺れている

大事な分岐点になりそうなので、メモとして残しておく。 両面性への眼差しと楽しく生きること - うにょの日記 数日前に書いた上記の僕の記事について、僕のゲイとしてのスタンスが結構揺れている。このスタンスが僕の今後の生き方に大きな影響を及ぼしそうだ…

話術

話術が比較的巧みだと思われる方に、会話のtipをご教示いただいた。それは、相手の得意なことを喋らせて、共通点や要所で会話を広げていくというものである。 これは、初対面、とりわけリアルをするときの参考になるであろう。

ブログを設立した

頑張ります。

両面性への眼差しと楽しく生きること

両面性への眼差しと楽しく生きることを大切にしたいなあとぼんやり考えた。これは、言葉にしていなかっただけで、以前から研究テーマに対して抱いていた考え方でもあることに気づいた。 LGBT教からの覚醒 - うちの旦那はオネエさま ホモとして楽しく生きる3…

セックスとゲイらしさ

「この辺でアプリをしている人の大部分が身体目的だよ」と、ある人は言った。 * 私は、今のところは身体目的でアプリをしていない。そのため、冒頭の発言に面を食らった。”普通”に会話をして、友人になり、気になったら恋愛をするという考えを抱いていたの…

ゲイにとっての居場所について考える1

昨日、寝る前にいろいろなことを考えた。全然まとまってないので、現在進行形で思考する。だから、まとまりがないかもしれない。居場所は、ゲイにとって大きなテーマだと思うので、何回か考えると思う。今日は、その手始め。居場所は、主にゲイコミュニティ…

ゲイであることと両立させる

ブログ、更新したばかりだけど、ちょっとメモとして書く。忘れないうちに。ちょうど寝ようと思っていたので、スマホで文字を打っている。寝る前はスマホはよくないんだけどね。忘れないうちに、である。思考したとおりに書くので、読めるものではないかもし…

物や食に対して興味が薄い

改めて思うと、僕は物や食に対して他者と比べると相対的に興味が薄いと思う。服に関しては、一時期ミニマリストを気取って同じ種類の服を何着か用意して、毎日それを着ていたことがある(笑) 物に関しては、ん~、今のところ、機能的に大切だと思った物や本…

ブログを始めた理由

【ゲイブログお題】ブログを始めた理由 - Only you can free yourself. 今更ですが、ゲイブログにおけるお題として「ブログを始めた理由」を書きます。当初は、正直いうと小遣い稼ぎのために始めました(笑) たしか、はてなブログを選んだ理由もソレだと思…

アー

将来についてゾっとしてから、真剣に差し迫った問題として人生設計を考えるようになり始めた。今更感があるけど、モラトリアム期間が長かったのかもしれない。自分のこの先を考えると、人生にはいろいろしんどいこともありそうだけど、だからこそ、人を頼る…

集団における自分の異質性

集団にいると、自分の存在が異質に感じる。みんなと前提がまったく異なるような、そういう感覚に陥るのだ。水の中に油があるように、自分がその集団の中に溶け込めないような、そういう異質性を集団の中にいると自分に感じる。 その感覚を考えてみると、やは…

自分の中に基準を多くもつこと

自分の中にある基準の数が乏しいと、行き詰る(息詰まる)のだなあと感じた。絶対的な基準は存在しないからだろう。 自分の中に基準を多く持っている人は、強い気がする。ある1つの基準で自分がダメになったとしても、他の基準で自分が保たれる。たとえば、…

兄にカミングアウトした

短期間にカミングアウトの話を複数書くのはしつこいかなと思ったのだが、日記として記録しておく。 * さきほど兄にカミングアウトをした。 LINEでメッセージでカミングアウトしてもよかったのだが、あえて困難な方に立ち向かいたいと思い、対面で言うことに…

祖父母にカミングアウトをした

先ほど、祖父母に急にカミングアウトをした。急に思い立ったのだ。正確にいえば、漠然といつかしたいなあと考えていたのだけれど、「この日にしよう」と計画立てたわけではなく、急に「今しよう」と思ったのだ。この感じは、母にしたときと同じだ。 結果から…

ネガティブ・ケイパビリティは大切

aniram-czech.hatenablog.com この記事、前に読んで、面白いな~と思った。 最近、ネガティブ・ケイパビリティという言葉を知った。以下、wikipediaによる説明。 ネガティブ・ケイパビリティ(英語: Negative capability)は詩人ジョン・キーツが 不確実なも…

ゲイとしての成長と停滞感

今のところ、僕はゲイとしての成長がwell-being(幸福)の向上に繋がっていると感じる。おそらく、ゲイとしての成長が、いままで抑え込んできた自分を解放し、自分らしさの表出に影響するからなのだろう。 * 最近、停滞感を味わっている。しかし、この停滞…

対等という関係性

アサーションみたいだけど、対等という関係性は改めて大切だなあと思った。外的な属性における対等性(先輩・後輩、上司・部下をなくす)ではなく、根本的な、より人間的な対等性ですね。外的な属性がたとえ変わったとしても、ゆるぐことがない対等性。でも…