うにょのブログ

食う寝る動く

禅・茶道など

掛物に見立ててみた。掛けてないし、乱暴ですけど。 インタビューで坂口さんは本当よいことを言っている。「いつでも”今”がいちばんいいタイミング」って禅語の意味でなにかありそう。

アンビバレントな

改めて、僕は茶道が好きだ。その中に美しさを感じる。日常生活において僕は明確に美しいと意識する対象があまり多くないが、茶道に関しては明確に美しさを感じるのだから好きなのだと思う。好きだとは言ったけれど、emotion的な好きではなく、もっといえばmo…

くぇrちゅいおp@「

茶道を何のためにやっているのかと考えた。わざわざする必要があるのかとマインドは常にささやく。週1回、毎週通って、お茶を飲んだり点てたりするだけ(?)。出費もかさむ。茶道を続けるにしても、他人に教えられるようになるまで何十年とかかる。他にもっ…

円相が好き

前、茶道で円相の掛け軸を見たのですが、なんかいいなあって思いました。円相というのは、〇のようなヤツです。以下の本の表紙が円相かな。 円相 - Wikipedia 禅 (ちくま文庫) 作者: 鈴木大拙,工藤澄子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1987/09/01 メディ…

茶道に関する本を読んだ

茶道を再開して約1か月が経った。高校生のときに茶道をやっていたが(あまり真面目に取り組んでいなかった)、それ以来、茶道からまったく離れていたので、作法やらなにやら完全に忘れていると思っていた。しかし、案外身体が覚えているので驚きだった。 日…

茶道と独服

最近、茶道を再開したため、独服を習慣にしています。独服(どくふく)とは、「茶を、ひとりでたてて自ら飲むこと」です(デジタル大辞泉より)。すなわち、誰かのためにお茶を点てるのではなく、自分のためにお茶を点てるのです。そのため、僕の場合は、作…

社会心理学者からみた茶道/『心理学者の茶道発見 癒しと自己の探求』

心理学者の茶道発見―癒しと自己の探求 作者: 岡本浩一 出版社/メーカー: 淡交社 発売日: 1999/06/01 メディア: 単行本 クリック: 2回 この商品を含むブログを見る 私は茶道が好きだ。実のところ,高校時代に私は茶道部に入っていた。しかしながら,残念なこ…