うにょのブログ

食う寝る動く

セクシュアリティ

エモーショナル・コレクトネス

僕が最近感じていたものはコレや・・・! サリー・コーン: 「エモーショナル・コレクトネス(正しい感情表現)」を実践しよう | TED Talk 最近まで僕もノンケに対して敵対的になってしまって、たぶん相手にとってかなり嫌なヤツだったんだろうなあということ…

逸脱

さ~て、今日も性倒錯、性倒錯♪ 太田尚樹「在日は笑われないけど、ゲイは笑われる」 | アデイ onilne - Part 5 太田:(ゲイが)社会的存在になって来たからこそ起こる問題。伏見さんの言葉で僕が勉強になったことがですが、ゲイバーでも「あんた、社会では…

病理モデルから幸福モデルへ

今回もテキトーなこと述べます。 * 従来の心理学は、悪いところを見つけて治すという病理モデルに基づいていた。医学モデルと言い換えることもできる。つまり、病的な人間のみを相手にしてきたのである。しかし、近年台頭してきたポジティブ心理学では、悪…

やる気あり美の視点

www.huffingtonpost.jp やる気あり美さんの視点に感嘆とする。 Kitchenはすごく楽しいイベントだから続けているんですけれど、必要性があるなという気持ちからはじめました。 僕は、企業向けの研修で話をすることもあります。でもこれまで、「知識を持って帰…

ゲイとホモ

吾輩はホモである、ゲイではない - うちの旦那はオネエさま この記事、感覚的にはスゴイ共感できる。なぜなのかっていうのが説明できないけど。僕の記事でいえば、以下のことが関連していると考えられる。 ゲイのことをホモって言っているゲイがなんか好き -…

ゲイとしての自分のスタンスが揺れている

大事な分岐点になりそうなので、メモとして残しておく。 両面性への眼差しと楽しく生きること - うにょの日記 数日前に書いた上記の僕の記事について、僕のゲイとしてのスタンスが結構揺れている。このスタンスが僕の今後の生き方に大きな影響を及ぼしそうだ…

両面性への眼差しと楽しく生きること

両面性への眼差しと楽しく生きることを大切にしたいなあとぼんやり考えた。これは、言葉にしていなかっただけで、以前から研究テーマに対して抱いていた考え方でもあることに気づいた。 LGBT教からの覚醒 - うちの旦那はオネエさま ホモとして楽しく生きる3…

セックスとゲイらしさ

「この辺でアプリをしている人の大部分が身体目的だよ」と、ある人は言った。 * 私は、今のところは身体目的でアプリをしていない。そのため、冒頭の発言に面を食らった。”普通”に会話をして、友人になり、気になったら恋愛をするという考えを抱いていたの…

ゲイにとっての居場所について考える1

昨日、寝る前にいろいろなことを考えた。全然まとまってないので、現在進行形で思考する。だから、まとまりがないかもしれない。居場所は、ゲイにとって大きなテーマだと思うので、何回か考えると思う。今日は、その手始め。居場所は、主にゲイコミュニティ…

ゲイであることと両立させる

ブログ、更新したばかりだけど、ちょっとメモとして書く。忘れないうちに。ちょうど寝ようと思っていたので、スマホで文字を打っている。寝る前はスマホはよくないんだけどね。忘れないうちに、である。思考したとおりに書くので、読めるものではないかもし…

集団における自分の異質性

集団にいると、自分の存在が異質に感じる。みんなと前提がまったく異なるような、そういう感覚に陥るのだ。水の中に油があるように、自分がその集団の中に溶け込めないような、そういう異質性を集団の中にいると自分に感じる。 その感覚を考えてみると、やは…

『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』

神原さんの影響で、読んでみました。 正直、最初のほうはあまり感情移入できなかった。純くんは、斜に構えている感じが伝わってくる。冷静そうで、うまく立ち回っているようにみえて、一番もがいているのだろうなあという感じ。 亮平くんがかわいかった。そ…

『ボクの彼氏はどこにいる?』

ボクの彼氏はどこにいる? (講談社文庫) 作者: 石川大我 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/03/13 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 156回 この商品を含むブログ (11件) を見る 神原さんに影響されて、読んでみました。ゲイの人の自伝的な話を本として…

兄にカミングアウトした

短期間にカミングアウトの話を複数書くのはしつこいかなと思ったのだが、日記として記録しておく。 * さきほど兄にカミングアウトをした。 LINEでメッセージでカミングアウトしてもよかったのだが、あえて困難な方に立ち向かいたいと思い、対面で言うことに…

祖父母にカミングアウトをした

先ほど、祖父母に急にカミングアウトをした。急に思い立ったのだ。正確にいえば、漠然といつかしたいなあと考えていたのだけれど、「この日にしよう」と計画立てたわけではなく、急に「今しよう」と思ったのだ。この感じは、母にしたときと同じだ。 結果から…

僕たちのカラフルな毎日

僕たちのカラフルな毎日~弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記~ 作者: 南和行,吉田昌史 出版社/メーカー: 産業編集センター 発売日: 2016/04/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 微笑ましくて、面白い。メディアにもよく登場されています、ゲイの…

欠落した感じ

孤独な世界の歩き方 ゲイの心理カウンセラーの僕があなたに伝えたい7つのこと 作者: 村上裕 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2017/05/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る ゲイの心理カウンセラーの著書です。本書は…

地方か都会か

『ゲイカップルのワークライフバランス―同性愛者のパートナー関係・親密性・生活』の文献リストに面白そうなヤツがありました。以下の文献。 Does Place of Residence Matter? Rural–Urban Differences and the Wellbeing of Gay Men and Lesbians 「住居の…

ゲイカップルのワークライフバランス

ゲイカップルのワークライフバランス―同性愛者のパートナー関係・親密性・生活 作者: 神谷悠介 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2017/12/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 興味深い本を読んだ。タイトルがかなりそそられる…

付き合うメリット

「同性同士の恋愛関係は10代同性愛者の自尊心を高める」米研究で - みやきち日記 メモ。縦断研究だね。これ、面白いね。 Bauermeister, J. A., Johns, M. M., Sandfort, T. G. M., Eisenberg, A., Grossman, A. H., & D'Augelli, A. R. (2010). Relationship…

ゲイとしての成長と停滞感

今のところ、僕はゲイとしての成長がwell-being(幸福)の向上に繋がっていると感じる。おそらく、ゲイとしての成長が、いままで抑え込んできた自分を解放し、自分らしさの表出に影響するからなのだろう。 * 最近、停滞感を味わっている。しかし、この停滞…

ゲイのことをホモって言っているゲイがなんか好き

僕は、ユーモラスに自分のことなどをホモっていっているゲイがなんだか好きです。 遊ぶ力についての続き - 電子的独り言 この記事は、上の記事の若干続きです。 ゲイというアイデンティティを持ち始めた僕は、深刻さを持ち込みがちだったので、そのような人…

ゲイまたはレズビアンであることのポジティブな側面

Riggle, E. D. B., Whitman, J. S., Olson, A., Rostosky, S. S., & Strong, S. (2008). The positive aspects of being a lesbian or gay man. Professional Psychology: Research and Practice, 39, 210-217. 質的研究ですね。自由記述からゲイまたはレズ…

ゲイであることは、本当に面白い

人間って難しい。相手が何を考えているのかがわからない。そして、自分が本当はどうしたいのかもわからない。でも面白い。探求しがいがある。そう思うと、人生はすごい面白い。 さらに、ゲイであることも難しい。社会はゲイに王道パターンを示してくれない。…

久しぶりにすごい緊張した

セクシュアルマイノリティの交流会に行ってきた。その後、複数人で食事を一緒に食べたのだけど、緊張で身体がすごい熱くなる感覚に襲われた。その後、解散した後は、1人で反すう的にその出来事のことを繰り返し考えると同時に、賑やかな感じから周囲に何もな…

ドラマがすごい

www.nhk.or.jp www.fujitv.co.jp 最近のドラマはすごいですね。セクシュアルマイノリティが良い感じに登場していて、救われる人も多いと思います。僕は上記の『女子的生活』と『隣の家族は青く見える』というドラマを見ていますが、ストーリーも面白い感じで…

ゲイアイデンティティの深化

約1年前、僕はゲイというアイデンティティを持ち始めた。20歳にして、ようやく本来の自分になれたような気がした。振り返れば、男性へのロマンティックな感覚は小学生高学年のときにはすでにあったことに気づいた。最近までは、中学生で男性へのロマンティッ…

セクシュアルマイノリティ女性におけるソーシャルサポートと自殺リスクの関係性

Tabaac, A. R., Perrin, P. B., & Rabinovitch, A. E. (2016). The relationship between social support and suicide risk in a national sample of ethnically diverse sexual minority women. Journal of Gay & Lesbian Mental Health, 20, 116-126. セク…

ゲイアプリ運用の難しさ

最近ゲイアプリを再開していろいろしているのですが、その過程において感じたことを最近よく書いていますね(笑) ただ、このブログすべてを通して僕が気をつけていることですが、記事は、特定の個人を想定して書いてあるわけではなく、複数の体験から共通項…

『ゲイ生活マニュアル』

ゲイ生活マニュアル 作者: 和矢 出版社/メーカー: データハウス 発売日: 1998/04/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る たまたま発見し、どんなことが書いてあるのだろうと思い、購入した。内容は、専門雑誌を買ってみようとか、ハッテン場に繰り…