うにょのブログ

基本的に読書

セクシュアリティ

ゲイにとっての居場所について考える1

昨日、寝る前にいろいろなことを考えた。全然まとまってないので、現在進行形で思考する。だから、まとまりがないかもしれない。居場所は、ゲイにとって大きなテーマだと思うので、何回か考えると思う。今日は、その手始め。居場所は、主にゲイコミュニティ…

『ボクの彼氏はどこにいる?』

ボクの彼氏はどこにいる? (講談社文庫) 作者: 石川大我 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/03/13 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 156回 この商品を含むブログ (11件) を見る 神原さんに影響されて、読んでみました。ゲイの人の自伝的な話を本として…

僕たちのカラフルな毎日

僕たちのカラフルな毎日~弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記~ 作者: 南和行,吉田昌史 出版社/メーカー: 産業編集センター 発売日: 2016/04/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 微笑ましくて、面白い。メディアにもよく登場されています、ゲイの…

地方か都会か

『ゲイカップルのワークライフバランス―同性愛者のパートナー関係・親密性・生活』の文献リストに面白そうなヤツがありました。以下の文献。 Does Place of Residence Matter? Rural–Urban Differences and the Wellbeing of Gay Men and Lesbians 「住居の…

ゲイカップルのワークライフバランス

ゲイカップルのワークライフバランス―同性愛者のパートナー関係・親密性・生活 作者: 神谷悠介 出版社/メーカー: 新曜社 発売日: 2017/12/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 興味深い本を読んだ。タイトルがかなりそそられる…

付き合うメリット

「同性同士の恋愛関係は10代同性愛者の自尊心を高める」米研究で - みやきち日記 メモ。縦断研究だね。これ、面白いね。 Bauermeister, J. A., Johns, M. M., Sandfort, T. G. M., Eisenberg, A., Grossman, A. H., & D'Augelli, A. R. (2010). Relationship…

ゲイまたはレズビアンであることのポジティブな側面

Riggle, E. D. B., Whitman, J. S., Olson, A., Rostosky, S. S., & Strong, S. (2008). The positive aspects of being a lesbian or gay man. Professional Psychology: Research and Practice, 39, 210-217. 質的研究ですね。自由記述からゲイまたはレズ…

セクシュアルマイノリティ女性におけるソーシャルサポートと自殺リスクの関係性

Tabaac, A. R., Perrin, P. B., & Rabinovitch, A. E. (2016). The relationship between social support and suicide risk in a national sample of ethnically diverse sexual minority women. Journal of Gay & Lesbian Mental Health, 20, 116-126. セク…

『ゲイ生活マニュアル』

ゲイ生活マニュアル 作者: 和矢 出版社/メーカー: データハウス 発売日: 1998/04/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る たまたま発見し、どんなことが書いてあるのだろうと思い、購入した。内容は、専門雑誌を買ってみようとか、ハッテン場に繰り…

レズビアンとゲイに対するヘルスケア提供者の暗黙的態度と明示的態度

メモ。Sabin, J. A., Riskind, R. G., & Nosek, B. A. (2015). Health care providers' implicit and explicit attitudes toward lesbian women and gay men. American Journal of Public Health, 105, 1831-41. 2006年から2012年までの調査で、247030人のデ…

内在化されたホモフォビアと人間関係の質

メモ。Frost, D. M., & Meyer, I. H. (2009). Internalized homophobia and relationship quality among lesbians, gay men, and bisexuals. Journal of Counseling Psychology, 56, 97-109. 過去の研究において、内在化されたホモフォビア(internalized ho…

『性欲の科学』

面白い本を読みました。 性欲の科学 なぜ男は「素人」に興奮し女は「男同士」に萌えるのか 作者: オギ・オーガス,サイ・ガダム 出版社/メーカー: CCCメディアハウス 発売日: 2012/09/01 メディア: Kindle版 クリック: 9回 この商品を含むブログ (1件) を見る…

ゲイアイデンティティの発達と心理社会的well-being

Halpin & Allen (2004)は、心理社会的な変数とゲイアイデンティティの発達について調べました。ゲイアイデンティティの発達の程度の指標として、Cassのモデルに基づいた尺度が用いられています。また、仮説は、心理社会的な変数とアイデンティティの発達には…

もし同じ顔の男性と女性がいたら

もし同じ顔の男性と女性がいたら、僕は男性に対してのみ性的な魅力を感じると思う。なぜそう思うか。僕は、アニメをよくみる。アニメにおいて、たまに性別が男性か女性かよくわからない容貌のキャラクターが登場する。たとえば、男性の容貌をしたキャラクタ…

ジョーイ・グラセファ

約1年前、僕がLGBTに関する情報収集を始めた頃、ジョーイ・グラセファ(joey graceffa)という人を知りました。彼はさまざまなことをしているようで、youtuberとしても人気です。重要なことに、彼は2015年にゲイであることをカミングアウトしています*1。 彼…

カミングアウト成長

カミングアウト成長(coming out growth)というのがあるみたい*1。これは、ストレス関連成長(stress-related growth)に関係する概念で、カミングアウトに伴う成長を表している。それに関連する先行研究として、オープンであることとメンタルヘルスの良さ…

身体的に魅力的な女性ほどゲイ男性と友達になりたい?

・ヘテロ女性とゲイ 以前から、女性異性愛者(以下ヘテロ女性とする)とゲイには、不思議な結びつきがあります。『G.B.F』という映画もあるくらいです(僕は見ていないです)。また、日本では、「おこげ」という言葉があります*1。 ・ヘテロ男性とヘテロ女性…

カミングアウトに関する手紙のやり取り『カミングアウト・レターズ』

カミングアウト・レターズ 作者: 砂川秀樹,RYOJI 出版社/メーカー: 太郎次郎社エディタス 発売日: 2007/12/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 7人 クリック: 86回 この商品を含むブログ (10件) を見る この本のね、企画が素晴らしいと思います。過…

地域のセクマイコミュニティに参加した

地域のセクシュアルマイノリティコミュニティに参加してみました。支援団体が開催している交流会です。 今回の活動内容は、非言語的な活動を通した交流会でした。芸術療法のような感じで、とても楽しかったです。以下、作品の写真です。 団体が主催の交流会…

腐女子と同性愛『腐女子の心理学』

はじめに 腐女子の心理学 彼女たちはなぜBL(男性同性愛)を好むのか? 作者: 山岡重行 出版社/メーカー: 福村出版 発売日: 2016/06/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る この頃、BLが大衆化していっているように感じる。本屋にいけばBLのコ…

同性愛者の生きている世界『同性愛者における他者からの拒絶と受容』

同性愛者における他者からの拒絶と受容―ダイアリー法と質問紙によるマルチメソッド・アプローチ (シリーズ・臨床心理学研究の最前線) 作者: 石丸径一郎,下山晴彦 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房 発売日: 2008/03 メディア: 単行本 クリック: 8回 この商品…

同性愛はいかにして継承されるか/『同性愛の謎 なぜクラスに一人いるのか』

同性愛の謎 なぜクラスに一人いるのか (文春新書) 作者: 竹内久美子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/11/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 私は子供が好きだ。しかしながら,ゲイであるから一般的なルートで子供を授かり,愛でるこ…

Xジェンダーという性自認/『Xジェンダーって何?日本における多様な性のあり方』

Xジェンダーって何?―日本における多様な性のあり方 作者: Label X 出版社/メーカー: 緑風出版 発売日: 2016/10/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る Xジェンダーを知っているだろうか。近年,メディアなどを通してLGBTというワードが多く…

母にカムアウトした日のこと

先日、僕は母に自分が同性愛者であることをカムアウトした。それは、僕の人生の中でもたくさんの勇気が必要な行為であった。本当は、このことに関しては「大学を卒業するまでには”いつか”話そう」という考えがぼんやりとあっただけだったんだけど、急に「今…